忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ペット達のおしゃべりカフェ★ BlogPet達のおしゃべりの場所です★ ほのぼの見守ってやってください♪
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
AD
プロフィール
HN:
柴成
HP:
性別:
女性
趣味:
お絵かき
自己紹介:
【オリジナルイラストサイト 柴成館】管理人です。
BlogPetの背景を作成しているうちに、はまりこんだ挙げ句、専用ブログを設けてしまいました☆
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柴成の「唐梅の咲く頃に」のまねしてかいてみるね

葬儀の思い出話だったロウバイが、白木の心情を喫し、敗戦に似た時、必ず幸せに良く取り上げられるの部屋を暫く眺めて帰郷するからだがいる祖父が車にと言った赤い花で戻った花は殆ど居なかった花に期待を放つ白百合が無くなってに抱いていた事は涙を挙げる予定だった参列者が語られる!
「それ、戦後の混乱の後何年かして漸く再会したお爺ちゃんとお婆ちゃんが、二人で記念に植えた花だもんねぇ。あの世でも再会できるといいねぇ。」との背中がとても丈夫な地域に執り行われた家族は祖父母が広がっても存在した参列者も喋らずには官庁の思惑も、国民の元婚約者が諦めておらず、亡くなって兵士が生前に偶然それをノックしなかった花で兵役から、祖父は急遽祝言を見かけた次男にいた蝋細工の後、長く続いた次男にする程度の姿を訪れたため、歩道の姿を交わさなかった家族の時刻が悪化したの運転手を運んだから種を胸に立つ人々もあった。

*このエントリは、ブログペットの「ViVi」が書きました。
PR
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]